ホーム>獣医師向け情報>対応可能な治療

対応可能な治療

対応可能な治療

  1. 腫瘍外科
    腹腔内腫瘍(消化管腫瘍、肝臓腫瘍、脾臓腫瘍、副腎腫瘍、尿路系腫瘍など)
    胸腔内腫瘍(肺腫瘍、胸腺腫、食道腫瘍など)
    体表腫瘍(軟部組織肉腫、肥満細胞腫、組織球性肉腫などの広範囲切除にも対応)
    骨腫瘍(骨肉腫に対する断脚など)
    頭頚部の腫瘍(額切除、眼球摘出、耳道切除、甲状腺腫瘍など)
    その他(乳腺腫瘍、精巣腫瘍、肛門嚢腺癌など)
  2. 軟部外科全般
    胃捻転・胃拡張
    イレウス(異物、重積、捻転など)
    門脈体循環シャント
    会陰ヘルニア
    横隔膜ヘルニア
    胆嚢摘出(胆嚢粘液嚢腫など)
    尿路系疾患(膀胱結石摘出、腎結石摘出、尿管結石摘出、尿管ステント、尿路変更術)
    耳道切除
  3. 内科全般
  4. 化学療法
    多剤併用化学療法
    分子標的薬
    メトロノーム療法
    化学療法剤の体腔内投与
  5. 神経内科・外科
    てんかん
    脳炎
    脳腫瘍・脊髄腫瘍
    環軸椎亜脱臼
    椎間板ヘルニア
    水頭症
  6. 整形外科
    骨折治療
    関節外科
    変形矯正
    外傷治療
  7. 眼科治療全般
    詳細は眼科のHPにて
  8. リハビリテーション
    整形外科疾患
    神経疾患
    健康維持
  9. 内視鏡
    異物摘出
    生検
    胃廔チューブ設置
    食道バルーン拡張術
  10. 緩和治療
    疼痛管理などを含め、症状に合わせた緩和治療