ホーム>診療科の案内>リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科のご案内

リハビリテーションとは『病気や怪我などの障害により失われた機能をでき得る限り治癒回復させ、残された能力を最大限に引き出す支援を行なうこと』です。
リハビリテーション科では、障害をうけた動物に対して、痛みや腫れ、炎症の緩和を行いながら、一日も早く、動物本来の身体機能や能力を元の状態に回復させることを目的としています。そのために、当院では怪我や手術の後、早期からリハビリテーションを開始しています。といっても、はじめから強い運動を行うものではなく、その治癒過程にあわせて、担当獣医師の医学的管理の下で、専門のリハビリテーションスタッフなどにより行われる安全なものです。
また、特に病気や怪我がなくても、健康維持目的や、予防のためのリハビリテーション、スポーツ犬のコンディショニング、使役犬のコンディショニングなどもご提案しております。また、老齢動物の家庭での暮らし方のご提案、環境作りのご提案、コンディショニングのご提案なども行っております。

診察について

診察日

土・日曜日

2017年9月1日より診療曜日が変わっています


完全予約制になっておりますのでお電話か受付にて事前に予約をお願い致します。

→診療時間や休診日、時間外診療など、詳しくはこちら

緊急時

診察日に限らず、緊急の場合にはまずは病院04-2935-2100までお電話ください。

担当獣医師・専属スタッフのご紹介

りは

「C.C.R.P」 とは、米国テネシー大学獣医学部公認認定資格のことで、Certified(保障する) Canine(犬の) Rehabilitation(リハビリテーション) Practitioner(実務者)の略で、「この人は犬のリハビリテーションがちゃんと実施できる」いうことを保証する認定資格です。

当院では、この資格を取得している獣医師・理学療法士により、評価と理論に裏打ちされたリハビリテーションをご提供致します。

「C.C.R.P」のホームページはこちら

福田真平 (獣医師・C.C.R.P.)

福田真平(ふくだしんぺい)
  • 麻布大学獣医学部獣医学科
  • C.C.R.P取得(Certified Canine Rehabilitation Practitioner)
  • 当院整形外科担当獣医師

藤澤由紀子 (理学療法士・C.C.R.P.)

藤澤由紀子(リハビリ)
  • 日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 卒業
  • 日本リハビリテーション専門学校 卒業
  • C.C.R.P取得 (Certified Canine Rehabilitation Practitioner)
  • オーストラリアメルボルン 短期アニマル理学療法セミナー終了
  • ・日本理学療法士協会 会員
  • ・日本動物リハビリテーション学会 会員
  • ・日本動物病院福祉協会 会員

後藤優志 (動物看護師・C.C.R.P.)

後藤優志
  • 帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 動物リハビリテーション学研究室 卒業
  • 動物看護師統一認定機構 認定動物看護師
  • 日本動物病院福祉協会 会員
  • C.C.R.P取得 (Certified Canine Rehabilitation Practitioner)

 

リハビリテーション内容

  • 各種運動療法
  • 物理療法(温熱療法・寒冷療法・電気治療)
  • 装具
  • ご家族への個別指導
  • マッサージ
  • カートセラピー
  • 水治運動療法(水中トレッドミル)

リハビリテーション内容

リハビリテーション内容

リハビリテーション内容

リハビリテーション内容

2014519174318.jpg

自主練指導

適応疾患

  • 前十字靭帯損傷
  • 膝蓋骨脱臼
  • 大腿骨頭切除
  • 股関節形成不全
  • 肘関節形成不全
  • 各種整形外科の手術後
  • 靭帯・関節の疾患
  • 骨折
  • 筋肉損傷
  • 筋委縮
  • 関節炎
  • 脊髄の手術後
  • 椎間板ヘルニア
  • 神経麻痺・神経損傷
  • 廃用による影響
  • 肥満対策として
  • 健康な動物の健康維持のために
  • ドッグスポーツを行う犬の身体のケア・強化
  • 老齢動物の運動能力維持のために
  • リラクゼーションなど