ホーム>診療科の案内>腫瘍科

腫瘍科

腫瘍科のご案内

犬の約半数はがんで亡くなります。猫の死因の3分の1ががんである事が疫学調査で明らかになっています。当施設ではエビデンス(根拠)に基づいた最先端のがん治療を実践し、1頭でも多くの動物ががんを克服できるように日々努力を続けています。また、自分の大切な家族ががんを宣告された時には、たとえ完治が望めないケースでもできる限り痛みや苦しみを少なくしてあげたいと願うのは当然の事です。がんの克服を目指すだけでなく、動物とそのご家族の生活の質も重視して診療にあたるように心がけています。

診察について

診察日

月・火・木・土曜日に診療受付をしております。
完全予約制になっておりますのでお電話か受付にて事前に予約をお願い致します。

→診療時間や休診日、時間外診療など、詳しくはこちら

緊急時

診察日に限らず、緊急の場合にはまずは病院04-2935-2100までお電話ください。

担当獣医師のご紹介

林宝謙治 (獣医師・院長・日本獣医がん学会獣医腫瘍科Ⅰ種認定医)

林宝 謙治(りんぽう けんじ)
  • 日本獣医畜産大学放射線学教室出身
  • 日本獣医がん学会獣医腫瘍科Ⅰ種認定医
  • 日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)幹事
  • 日本獣医がん学会(JVCS)評議委員
  • 日本動物病院福祉協会(JAHA)学術委員
  • 日本獣医画像診断学会会員

犬猫の主な腫瘍疾患

>>詳しくはこちら