ホーム>飼主様向け情報>よくあるペットの病気>口の中の病気

口の中の病気

歯周病

 

歯周病とは

歯周病は歯肉やなどの歯を支えている周りの構造が異常をきたす病気です。

歯垢や歯石が原因となり、歯肉に炎症が起こることで病気が進行します。
歯垢は歯の表面にくっついている細菌の塊です。歯垢が石のように固まってしまったものが歯石です。
歯周病がひどくなると歯肉が腫れ、出血したり、歯がぐらぐらして抜け落ちそうになってしまい痛みがでてます。

またお口の中の細菌が血液の中に入り体中を巡ることで様々な病気を引き起こすことも指摘されています。

歯周病がひどくなると

歯周病

歯周病がひどくなり歯の根元まで細菌感染が進んでしまうと、歯の根の部分に膿が溜まります(根尖膿瘍)。
進行すると頬や顎が腫れてそこから膿が出てしまったり、顎の骨にまで炎症が及ぶと骨がもろくなり顎の骨の骨折をしてしまうこともあります。

状況により歯石の除去やお薬、抜歯などの治療が必要です。
普段からのデンタルケアは歯垢を取り除き、歯周病の予防にとても大切です。

上の写真は歯石が重度についてしまい、歯肉炎が起こり歯肉も痩せてしまっている状態です。